会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2022/02/10


 4月よりパートタイマーを採用することになっており、そろそろ労働条件通知書を作成する予定である。この機会に、労働条件通知書のひな形を見直してみようと考え、社労士に確認をお願いすることにした。

 4月からパートタイマーを採用する予定です。せっかくなので、この機会に労働条件通知書の内容が法令に適合しているか、チェックをお願いしたいです。

 わかりました。漏れがちな項目など、チェックポイントをお伝えしましょう。まず、労働条件通知書の上部からみていくと、雇用契約期間について、「期間の定めなし」か、「期間の定めあり」かを記載する箇所があります。「期間の定めあり」とした場合には、その契約の更新の有無と更新の判断基準を明示する必要があります。

 当社では、「更新する場合があり得る」としていて、更新の判断基準として、「契約期間満了時の業務量」や「勤務成績、態度」、「会社の経営状況等」に〇をつけて、明示しています。

 これらが、御社における契約更新における判断基準ということですね。雇用契約の更新の際に面談をされていると思いますが、その際にも、これらの判断基準に基づいて次の雇用契約の有無の判断を行うものであって、自動的に更新されるものではないと双方が認識しておくことが重要です。
 次に、賃金のところでは昇給・賞与・退職金の有無について、文書の交付などにより明示することが義務付けられています。これら3つについて、制度としてあるのか・ないのか、ある場合、どのようなときに対象となるかを記載します。

 退職金制度について、勤続3年以上の場合に対象となる場合、今回採用するパートタイマーについてはどのように記載すればよいのでしょうか?

 採用時に締結する雇用契約の期間内では、支給対象とはならないため、「無」と明示することになります。ただ、契約更新に関して、自動的に更新する場合や更新する場合があり得るなど、雇用継続の可能性があるような場合、退職金の支給対象となる可能性があるため、「有(勤続3年以上を支給対象とする)」と明示する方法でも、明示の義務を果たすとされています。

 なるほど。そのような記載方法もあるのですね。

 そして、漏れていることが多い項目として、「雇用管理の改善等に関する事項に係る相談窓口」があります。

 これはどのようなものになるのでしょうか?

 パートタイマーの雇用管理の改善などについて相談に応じ、苦情も含めた相談に応じる窓口になります。
相談に応じることができる窓口であれば、部署であっても、個人であっても問題ありません。

 「総務部」と記載しても問題ないということですね。

 そのとおりです。ここまではパートタイマーの労働条件通知書について説明してきましたが、有期雇用労働者についても補足しましょう。
 以前にパートタイム労働法という法律がありましたが、働き方改革関連法の成立により、短時間労働者及び有期雇用労働者の雇用管理の改善等に関する法律(以下、「パートタイム・有期雇用労働法」という)に改正、施行されています。

 同一労働同一賃金の施行のときですね。

 パートタイム・有期雇用労働法では、パートタイマー(短時間労働者)だけでなく、有期雇用労働者も対象に含まれるため、上記で説明した内容は、有期雇用労働者についても同様に適用されます。例えば、「雇用管理の改善等に関する事項に係る相談窓口」の記載は、有期雇用労働者の労働条件通知書にも必要です。

 有期雇用となっている契約社員も記載が必要ということですね。木戸部長、すべての雇用区分の労働条件通知書のひな形を確認しよう。

 承知しました。

>>次回に続く



 嘱託社員の労働条件通知書について補足しましょう。一般的に嘱託社員とは、正社員が定年退職し、その後、嘱託として有期雇用で雇用継続している者のことをいいます。
 専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法(以下、「有期雇用特別措置法」という)が公布され、嘱託社員については、その能力を有効に発揮できるよう、会社がその特性に応じた適切な雇用管理を実施する場合(一定の手続きが必要)、こうした定年後の継続雇用者については、無期転換申込権が発生しないこととする特例が設けられています。そして、嘱託社員がこの有期雇用特別措置法による対象者となっている場合は、無期転換申込権が発生しない期間についても労働条件通知書に明示が必要となりますので、注意しましょう。

■参考リンク
厚生労働省「パート・有期労働ポータルサイト」
https://part-tanjikan.mhlw.go.jp/

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 


横浜 川崎 藤沢 鎌倉 茅ヶ崎 医療・介護・福祉の社労士|クリニック・医療・診療所・医科・歯科・介護・福祉・社会福祉法人・障害者サービス・保育園・放課後デイサービスの就業規則、給与計算、処遇改善加、人事制度、賃金制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所


横浜 川崎 藤沢 鎌倉 茅ヶ崎 医療・介護・福祉の社労士|クリニック・医療・診療所・医科・歯科・介護・福祉・社会福祉法人・障害者サービス・保育園・放課後デイサービスの就業規則、給与計算、処遇改善加、人事制度、賃金制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所


 

ネコ所長のいる香喜心総合事務所|横浜 川崎 藤沢 鎌倉 茅ヶ崎 医療・介護・福祉の社労士|クリニック・医療・診療所・医科・歯科・介護・福祉・社会福祉法人・障害者サービス・保育園・放課後デイサービスの就業規則、給与計算、処遇改善加、人事制度、賃金制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

 

プライバシーポリシー
こちらになります
お問合せ
横浜 川崎 藤沢 鎌倉 茅ヶ崎 医療・介護・福祉の社労士|クリニック・医療・診療所・医科・歯科・介護・福祉・社会福祉法人・障害者サービス・保育園・放課後デイサービスの就業規則、給与計算、処遇改善加、人事制度、賃金制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所までご連絡ください。

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町
121-4 春芳園ビル301
TEL:045-881-5707

※営業電話は直接携帯にご連絡ください
対応サービスの例
<医療関係>
クリニック・診療所
内科・外科・整形外科・形成外科・小児科・泌尿器科・皮膚科・美容

病院
調剤薬局

<障害福祉サービス>
居宅介護(ホームヘルプ)
重度訪問介護
同行援護
行動援護
重度障害者等包括支援
短期入所(ショートステイ)
療養介護 生活介護
障害者支援施設等 (施設入所支援)
自立訓練(機能訓練・生活訓練)
就労移行支援
就労継続支援(A型=雇用型、B型)
共同生活援助(グループホーム)
移動支援
地域活動支援センター
福祉ホーム
地域移行支援
地域定着支援

<指定居宅サービス事業>
訪問介護事業
訪問入浴事業
訪問看護事業
訪問リハビリテーション事業
通所介護事業 通所リハビリテーション事業
短期入所生活介護事業
短期入所療養介護事業
居宅療養管理指導事業
特定施設入居者生活介護事業
福祉用具貸与事業

<地域域密着型サービス事業者>
夜間対応型訪問介護事業
認知症対応型通所介護事業
小規模多機能型居宅介護事業
認知症対応型共同生活介護事業
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型老人福祉施設

<居宅介護支援事業>

<介護保険施設>
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

<児童福祉>
助産施設
乳児院
保育所
母子生活支援施設
児童養護施設
児童心理治療施設
障害児相談支援
児童発達支援センター
保育所等訪問支援
障害児入所施設
放課後等デイサービス
児童自立支援施設
児童家庭支援センター
児童館
小規模保育事業
家庭的保育事業
居宅訪問型保育事業
事業所内保育事業

<顧問対応エリア>
神奈川県 横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 その他神奈川県内 東京都 埼玉県 千葉県