会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2019/3/14


 坂本工業では、今月退職予定の従業員より退職後の健康保険について相談があったため、社労士にその内容を確認することとした。

 今月末、退職する予定の従業員から「退職後、いまのところ働く予定はないため、現在入っている健康保険を引き続き利用したい」と相談がありました。具体的にどのような手続きを行うことになりますか。

 なるほど。基本的に退職後の健康保険については(1)加入していた健康保険の任意継続制度を利用する、(2)国民健康保険に加入する、(3)家族の被扶養者となる、(4)別の会社に就職してそこで加入する、という選択肢があります。今回は働く予定もなく健康保険を継続したいとのことですので、(1)の任意継続制度を利用することを想定しているのでしょう。任意継続制度を利用するには退職日の翌日までに健康保険の被保険者期間が継続して2ヶ月以上必要になりますが、大丈夫ですか。

 この従業員は10年ほど勤務しているので利用できそうですね。具体的にはどのような手続きをしなければならないのですか。

 健康保険の任意継続の手続きは、退職後に従業員が自分で行うことになっています。御社は協会けんぽに加入されていますので、ポイントは会社を管轄する都道府県支部ではなく、従業員の住所地にある協会けんぽの都道府県支部に申請を行うことであり、退職日の翌日から20日以内の申請が必要です。

 ありがとうございます。そのように従業員に伝えておこうと思います。

 健康保険の任意継続を利用する場合、在職中に会社が負担していた保険料は、本人が負担することになるため、従業員の保険料の負担は約2倍になります。また、退職後の任意継続における保険料は退職時の標準報酬月額を元として決定されますが、全被保険者の標準報酬月額の平均額が上限額となっており、毎年度、見直されます。退職される方の現在の標準報酬月額はいくらですか?

 確か34万円ですね。

 なるほど。現在の上限額は28万円ですので、いま任意継続をしたときには、28万円の標準報酬月額で計算した保険料額が任意継続のときの保険料になります。ただし、この上限額の元となる標準報酬月額は、2019年度に30万円に引き上げられることになっています。今月末が退職予定とのことでしたので、退職される方については30万円の標準報酬月額で計算された保険料を負担することとなりますね。

 上限額が変更されるのですね。

 この上限額は長い間、変更されませんでした。ただ、上限額は前年(1月から3月までは前々年)9月30日時点における協会けんぽの全被保険者の標準報酬月額の平均額を標準報酬月額の基礎となる報酬月額とみなしたときの標準報酬月額が、任意継続被保険者の標準報酬月額の上限になります。

 なるほど。そのように決定されていたのですね。

 はい。平成30年9月30日時点におけるすべての協会けんぽの被保険者の標準報酬月額の平均額は291,181円だったとのことで、30万円に引上げられたようです。

 もしかすると、退職する予定の従業員も28万円と思っているかも知れませんので、事前に案内をしておきます。


>>次回に続く



 任意継続被保険者の標準報酬月額の上限の変更は、平成31年4月より前に任意継続に加入している被保険者で上限額が適用されている人についても自動的に上限額の変更が適用されます。なお、健康保険組合に加入している方については組合ごとの上限額が異なります。現在の標準報酬月額の上限額や今後の変更に関しては組合へご確認ください。

■参考リンク
協会けんぽ「【健康保険】平成31年度の任意継続被保険者の標準報酬月額の上限について」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g1/h31-1/310110001
協会けんぽ「任意継続とは」
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat320/sb3180/sbb3180

 

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

ネコ所長のいる香喜心総合事務所|横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

お問合せ
社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、処遇改善加は香喜心総合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所までご連絡ください。

〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町445-2横浜倉田郵便局ビル102
TEL:045-881-5707

※営業電話は直接携帯にご連絡ください
対応サービスの例
<障害福祉サービス>
居宅介護(ホームヘルプ)
重度訪問介護
同行援護
行動援護
重度障害者等包括支援
短期入所(ショートステイ)
療養介護 生活介護
障害者支援施設等 (施設入所支援)
自立訓練(機能訓練・生活訓練)
就労移行支援 就労継続支援(A型=雇用型、B型)
共同生活援助(グループホーム)
移動支援 地域活動支援センター 福祉ホーム
地域移行支援 地域定着支援

<指定居宅サービス事業>
訪問介護事業
訪問入浴事業
訪問看護事業
訪問リハビリテーション事業
通所介護事業 通所リハビリテーション事業
短期入所生活介護事業
短期入所療養介護事業
居宅療養管理指導事業
特定施設入居者生活介護事業
福祉用具貸与事業

<地域域密着型サービス事業者>
夜間対応型訪問介護事業
認知症対応型通所介護事業
小規模多機能型居宅介護事業
認知症対応型共同生活介護事業
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型老人福祉施設

<居宅介護支援事業>

<介護保険施設>
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

<顧問対応エリア>
神奈川県 横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 その他神奈川県内 東京都 埼玉県 千葉県