会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
文書作成日:2021/04/08


 従業員から、親の介護のために、介護休業を取得したいという相談があった。介護休業を取得した従業員はまだいないため、社労士に相談することにした。

 先日、従業員から親の介護のために介護休業を取得したいという相談がありました。詳しい状況は今後確認することになりますが、そもそもどのような場合に介護休業が取得できるのか等、教えてください。

 わかりました。具体的な取り扱いは、就業規則(育児・介護休業規程等)を確認していただくことになりますが、御社では法令通りの基準となっていたかと思います。介護休業の取得については、まず従業員が取得できる対象者であるか、介護が必要な家族が対象家族の範囲に該当しているか、そしてその対象家族が要介護状態であるかの3つを確認する必要があります。

 相談があったのは、勤続10年目の正社員です。

 なるほど、それであれば取得できる従業員ですね。念のために雇用期間に係る要件を確認しておくと、契約社員のように有期雇用の場合には、取得の申し出時点で1年以上の雇用されていることが必要になります。また、無期雇用の従業員についても、継続して雇用された期間が1年に満たない従業員は、介護休業の申し出を拒むことができるとして、労使協定の締結を必要としています。今回の従業員はこれらに該当しないため、介護休業が取得できます。

 就業規則と労使協定を確認する必要があるのですね。今後は申し出のあった従業員の勤続年数をまずはチェックすることにします。

 さて、介護が必要な家族が対象家族の範囲に該当しているかという点ですが、今回は親の介護ですので対象家族に該当します。こちらも対象家族の範囲を確認しておくと、配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む)、父母、子、配偶者の父母、祖父母、兄弟姉妹、孫になります。そして、その対象家族が要介護状態にあるということがポイントとなります。

 要介護状態とは、介護保険制度で要介護状態に該当している必要があるのですよね?

 そのように誤解されている方は多いかもしれません。育児・介護休業法に定める要介護状態とは、負傷、疾病または身体上もしくは精神上の障害により、2週間以上の期間にわたり常時介護を必要とする状態のことを言います。この常時介護を必要とする状態について、厚生労働省から「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」が示されていますので、この基準に従って判断することになります。

 判断基準があるのですね。

 はい。その判断基準の中で、常時介護を必要とする状態とは、以下の1.または2.のいずれかに該当する場合であることとされています。

  1. 介護保険制度の要介護状態区分において要介護2以上であること。
  2. 下表の状態(1)〜(12)のうち、2が2つ以上または3が1つ以上該当し、かつ、その状態が継続すると認められること。
※図はクリックで拡大します。

 なるほど、介護保険制度の要介護状態区分において要介護2以上であることに該当していない場合でも、介護休業を取得できる場合があるのですね。

 そうですね。従業員の申し出に基づき、状態を確認することになります。

 会社は、常時介護を必要とする状態に該当しているかを確認するために、要介護状態にあること等を証明する書類の提出を求めても問題ないのでしょうか?

 書類の提出を求めることは問題ありません。ただ、介護保険制度の要介護状態区分において要介護2以上である場合に限られませんし、必ずしも公的書類や医師の診断書等が提出できるとは限りません。したがって、申し出に医師の診断書の添付を義務づけることなどは望ましくなく、書類が提出されないことをもって休業させないということはできません。
 また、この「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」の中に、「この基準に厳密に従うことにとらわれて労働者の介護休業の取得が制限されてしまわないように、介護をしている労働者の個々の事情にあわせて、なるべく労働者が仕事と介護を両立できるよう、事業主は柔軟に運用することが望まれます」という記載があります。仕事と介護の両立支援の観点からなるべく介護休業の取得を拒まないようにという考えが示されています。

 なるほど。今回、従業員から初めて介護休業を取得したいという相談がありましたが、今後もこのような相談が出てくるように思います。その時に対応できるように、介護休業や介護短時間勤務などについて復習してみます。

>>次回に続く



 対象家族が要介護状態になったときに、介護休業以外で活用できる制度には以下のようなものがあります。制度の詳細は、就業規則で確認してください。

  • 介護休暇:通院の付き添い、介護サービスに必要な手続きなどを行うために、年5日(対象家族が2人以上の場合は年10日)まで1日または時間単位で介護休暇を取得することができる。
  • 所定外労働の制限:介護が終了するまで、所定外労働の免除を受けることができる。
  • 時間外労働の制限:介護が終了するまで、時間外労働を1ヶ月24時間、1年150時間までとすることができる。
  • 深夜業の制限:介護が終了するまで、午後10時から午前5時までの労働を行わないようにすることができる。
  • 所定労働時間短縮等の措置:短時間勤務制度・フレックスタイム制度・時差出勤の制度・介護費用の助成のいずれかの制度について、利用開始の日から3年以上の期間で、2回以上利用することができる。

■参考リンク
厚生労働省「育児・介護休業法のあらまし」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/000103504.html
厚生労働省「常時介護を必要とする状態に関する判断基準」

厚生労働省「よくあるお問い合わせ(事業主の方へ)」

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。


 


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士|クリニック・医療・診療所・医科・歯科・介護事業・福祉事業・障害者サービス・保育園・放課後デイサービス・社会福祉法人の就業規則、給与計算、処遇改善加、人事制度、賃金制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士|クリニック・医療・診療所・医科・歯科・介護事業・福祉事業・障害者サービス・保育園・放課後デイサービス・社会福祉法人の就業規則、給与計算、処遇改善加、人事制度、賃金制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所




ネコ所長のいる香喜心総合事務所|横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士|クリニック・医療・診療所・医科・歯科・介護事業・福祉事業・障害者サービス・保育園・放課後デイサービス・社会福祉法人の就業規則、給与計算、処遇改善加、人事制度、賃金制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

お問合せ
横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士|クリニック・医療・診療所・医科・歯科・介護事業・福祉事業・障害者サービス・保育園・放課後デイサービス・社会福祉法人の就業規則、給与計算、処遇改善加、人事制度、賃金制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所までご連絡ください。

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町
121-4 春芳園ビル301
TEL:045-881-5707

※営業電話は直接携帯にご連絡ください
対応サービスの例
<医療関係>
クリニック・診療所
内科・外科・整形外科・形成外科・小児科・泌尿器科・皮膚科・美容

病院
調剤薬局

<障害福祉サービス>
居宅介護(ホームヘルプ)
重度訪問介護
同行援護
行動援護
重度障害者等包括支援
短期入所(ショートステイ)
療養介護 生活介護
障害者支援施設等 (施設入所支援)
自立訓練(機能訓練・生活訓練)
就労移行支援
就労継続支援(A型=雇用型、B型)
共同生活援助(グループホーム)
移動支援
地域活動支援センター
福祉ホーム
地域移行支援
地域定着支援

<指定居宅サービス事業>
訪問介護事業
訪問入浴事業
訪問看護事業
訪問リハビリテーション事業
通所介護事業 通所リハビリテーション事業
短期入所生活介護事業
短期入所療養介護事業
居宅療養管理指導事業
特定施設入居者生活介護事業
福祉用具貸与事業

<地域域密着型サービス事業者>
夜間対応型訪問介護事業
認知症対応型通所介護事業
小規模多機能型居宅介護事業
認知症対応型共同生活介護事業
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型老人福祉施設

<居宅介護支援事業>

<介護保険施設>
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

<児童福祉>
助産施設
乳児院
保育所
母子生活支援施設
児童養護施設
児童心理治療施設
障害児相談支援
児童発達支援センター
保育所等訪問支援
障害児入所施設
放課後等デイサービス
児童自立支援施設
児童家庭支援センター
児童館
小規模保育事業
家庭的保育事業
居宅訪問型保育事業
事業所内保育事業

<顧問対応エリア>
神奈川県 横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 その他神奈川県内 東京都 埼玉県 千葉県