人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2019/07/02

本格的な夏到来!熱中症の予防対策

 2018年の職場における熱中症の発生状況を見ると、死傷者数は 1,178 人、死亡者数は 28 人となり、前年と比較して、死傷者数、死亡者数ともに2倍を上回る結果となりました。今夏についても熱中症への予防対策が求められますが、厚生労働省の「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」(以下、「キャンペーン」という)も7月1日から7月31日までが重点取組期間とされています。

1.熱中症の定義
 熱中症とは、高温多湿な環境下において、体内の水分と塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして発症する障害の総称で、めまい・失神、筋肉痛・筋肉の硬直、大量の発汗、頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感、意識障害・痙攣・手足の運動障害、高体温などの症状が現れるとされています。

2.実施期間の取り組み
 キャンペーンの実施期間は5月1日から9月30日までとされていますが、その期間については、暑さ指数(WBGT値)を把握した上で、測定した暑さ指数に応じて次の対策を取ることが求められています。

  • 暑さ指数を下げるための設備の設置
  • 休憩場所の整備
  • 涼しい服装など
  • 作業時間の短縮
  • 熱への順化
  • 水分・塩分の摂取
  • 健康診断結果に基づく措置
  • 日常の健康管理など
  • 労働者の健康状態の確認

 さらに、事業場で熱中症に詳しい人をつくり、その人を熱中症予防管理者として選任した上で、暑さ指数を確認し、巡視等により、次の事項を確認します。

  • 暑さ指数の低減対策は実施されているか
  • 各労働者が暑さに慣れているか
  • 各労働者は水分や塩分をきちんと取っているか
  • 各労働者の体調は問題ないか
  • 作業の中止や中断をさせなくてよいか

3.重点取組期間の取り組み
 さらに7月1日から7月31日までの重点取組期間については、実施期間の取り組みに加え、以下の項目に取り組みましょう。

  • 暑さ指数の低減効果を改めて確認し、必要に応じ追加対策を行う
  • 特に梅雨明け直後は、暑さ指数に応じて、作業の中断、短縮、休憩時間の確保を徹底する
  • 水分、塩分を積極的に取る
  • 各自が、睡眠不足、体調不良、前日の飲みすぎに注意し、当日の朝食はきちんと取る
  • 期間中は熱中症のリスクが高まっていることを含め、重点的に教育を行う
  • 少しでも異常を認めたときは、ためらうことなく、すぐに救急車を呼ぶ

 これらのほか、「参考リンク」にある「令和元年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」実施要綱」には、詳細な実施事項が紹介されています。これらの内容も参考にしながら、予防対策を徹底していきましょう。

■参考リンク
厚生労働省「令和元年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」実施要綱」
https://www.mhlw.go.jp/content/11303000/000509931.pdf
厚生労働省「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」
https://www.mhlw.go.jp/content/11303000/000509933.pdf
厚生労働省「平成31年「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」を実施します」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03739.html


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

 


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

ネコ所長のいる香喜心総合事務所|横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

お問合せ
社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、処遇改善加は香喜心総合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所までご連絡ください。

〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町445-2横浜倉田郵便局ビル102
TEL:045-881-5707

※営業電話は直接携帯にご連絡ください
対応サービスの例
<障害福祉サービス>
居宅介護(ホームヘルプ)
重度訪問介護
同行援護
行動援護
重度障害者等包括支援
短期入所(ショートステイ)
療養介護 生活介護
障害者支援施設等 (施設入所支援)
自立訓練(機能訓練・生活訓練)
就労移行支援 就労継続支援(A型=雇用型、B型)
共同生活援助(グループホーム)
移動支援 地域活動支援センター 福祉ホーム
地域移行支援 地域定着支援

<指定居宅サービス事業>
訪問介護事業
訪問入浴事業
訪問看護事業
訪問リハビリテーション事業
通所介護事業 通所リハビリテーション事業
短期入所生活介護事業
短期入所療養介護事業
居宅療養管理指導事業
特定施設入居者生活介護事業
福祉用具貸与事業

<地域域密着型サービス事業者>
夜間対応型訪問介護事業
認知症対応型通所介護事業
小規模多機能型居宅介護事業
認知症対応型共同生活介護事業
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型老人福祉施設

<居宅介護支援事業>

<介護保険施設>
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

<顧問対応エリア>
神奈川県 横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 その他神奈川県内 東京都 埼玉県 千葉県