人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/12/11

育児短時間勤務制度を導入・運用する際のポイント

 厚生労働省が発表した平成29年度雇用均等基本調査によると、在職中に出産した女性従業員がいた事業所において、女性の育児休業者の割合は88.5%となっており、昨年より2.6%の増加となりました。育児休業から職場復帰した後については、フルタイム勤務が難しく、短時間勤務を要望する従業員は少なくありません。そこで今回は、育児休業から職場復帰した後の育児短時間勤務制度の導入・運用におけるポイントを確認しておきましょう。

1.育児短時間勤務制度とは
 育児・介護休業法には事業主が講ずべき措置として、所定労働時間の短縮措置等が定められています。これにより、3歳に満たない子どもを養育する従業員について、1日の所定労働時間を原則として6時間とする育児短時間勤務制度を導入することが義務付けられています。なお、短時間勤務制度を講じることが困難な従業員については、子どもが3歳に達するまでの育児休業などの制度を導入する措置を講じる必要があります。

2.短時間勤務の時間
 短時間勤務制度では、1日の所定労働時間を原則として6時間とすることができるよう求められていますが、会社の所定労働時間が7時間45分の場合、短時間勤務を申し出した後の所定労働時間を5時間45分とすることも認められています。そのため、原則として6時間という表現は、5時間45分から6時間までを許容することを意味します。
 また、この短時間勤務の時間帯について、厚生労働省の規定例では午前9時から午後4時まで(うち1時間休憩)の6時間を記載していますが、必ずこの時間帯に設定する必要はなく、また、始業・終業の時間を従業員が選択できるようにすることまでは求められていません。利用する従業員のニーズや職場の状況等を考えて設定することが可能です。

3.両立支援するための他の勤務時間制度
 育児・介護休業法での育児短時間勤務制度は原則として6時間とされていますが、従業員によっては、6時間ではなく7時間勤務を希望する者もいるでしょう。企業には、1日の所定労働時間を原則として6時間とする措置を含むことが義務付けられているということですので、これを設けた上で、従業員の働き方の選択肢を増やすものとして、他の勤務時間を選択するようにすることは可能です。例えば、所定労働時間を7時間としたり、月曜日から金曜日までの5日勤務を隔日勤務とし月・水・金曜日の3日勤務とすることで1週間における所定労働時間を短縮したりすることが考えられます。
 このように従業員の選択肢を増やすことで、育児のために長時間働くことができない従業員の継続雇用が可能となり、職場の人材確保にも繋がります。

 今後、人材確保が難しくなっていく中で、既存の従業員の定着が重要となります。今回は、育児をテーマに取り上げましたが、介護との両立や治療との両立なども重要なテーマとなっています。働き方の選択肢としてどのような制度があると仕事との両立がしやすいのか、従業員のニーズを把握した上で検討してみてはいかがでしょうか。

■参考リンク
厚生労働省「育児・介護休業法について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html
厚生労働省「平成29年度雇用均等基本調査(確報)」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-29r.html


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

 


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

ネコ所長のいる香喜心総合事務所|横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

お問合せ
社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、処遇改善加は香喜心総合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所までご連絡ください。

〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町445-2横浜倉田郵便局ビル102
TEL:045-881-5707

※営業電話は直接携帯にご連絡ください
対応サービスの例
<障害福祉サービス>
居宅介護(ホームヘルプ)
重度訪問介護
同行援護
行動援護
重度障害者等包括支援
短期入所(ショートステイ)
療養介護 生活介護
障害者支援施設等 (施設入所支援)
自立訓練(機能訓練・生活訓練)
就労移行支援 就労継続支援(A型=雇用型、B型)
共同生活援助(グループホーム)
移動支援 地域活動支援センター 福祉ホーム
地域移行支援 地域定着支援

<指定居宅サービス事業>
訪問介護事業
訪問入浴事業
訪問看護事業
訪問リハビリテーション事業
通所介護事業 通所リハビリテーション事業
短期入所生活介護事業
短期入所療養介護事業
居宅療養管理指導事業
特定施設入居者生活介護事業
福祉用具貸与事業

<地域域密着型サービス事業者>
夜間対応型訪問介護事業
認知症対応型通所介護事業
小規模多機能型居宅介護事業
認知症対応型共同生活介護事業
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型老人福祉施設

<居宅介護支援事業>

<介護保険施設>
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

<顧問対応エリア>
神奈川県 横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 その他神奈川県内 東京都 埼玉県 千葉県