人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2018/09/04

慶弔休暇など特別休暇のルールを定める上でのポイント

 働き方改革関連法において、2019年4月以降、年次有給休暇(以下「年休」という)の取得義務化が行われますが、多くの会社では、この年休のほかにも従業員の慶弔が生じた際などに休暇を与える「特別休暇」を設けています。特別休暇は任意の制度であることから、安定的な運用を行うには、細かな取扱いを規定しておくことが重要です。以下では、その運用上のルールを規定する上でのポイントを確認しておきましょう。

1.特別休暇の取扱い
 特別休暇は年休とは異なり、法律で義務付けられているものではなく、原則として会社が任意で定める休暇です。平成25年度の厚生労働省の調査によると、全体で57.9%の会社が「特別休暇の制度がある」と回答し、導入されているものを確認すると「夏季休暇」44.7%、「病気休暇」22.4%、「リフレッシュ休暇」11.1%の順になっています。調査結果には出てきておりませんが、一般的に多く導入されていると思われるものに、従業員が結婚したときや、身内に不幸があったときに利用できる慶弔休暇があります。2.ではこの慶弔休暇を中心に特別休暇を検討・規定する上でのポイントを確認しましょう。

2.特別休暇を規定する際のポイント
 休暇に関する事項は、就業規則に記載しなければならない絶対的必要記載事項であるため、特別休暇を設けるのであれば、就業規則に記載しなければなりません。特別休暇について就業規則等へ規定する際には、以下の事項を検討し、ポイントを押さえて規定する必要があります。

(1)特別休暇を取得できる従業員の範囲
 特別休暇はその趣旨に基づき、対象者を決定することが必要です。例えば、勤続1年以上の従業員や試用期間満了後の従業員など、対象者を限定することになります。このように、対象者を限定するのであれば、就業規則等へ定めておく必要があります。
(2)特別休暇の対象となる事由と休暇日数
 従業員の結婚や配偶者の出産、身内の不幸など、特別休暇の対象とする事由(目的)は様々です。会社においてどのような事由について特別休暇を設けるのか、また、そのときの休暇日数はどのように定めるのかを検討します。よく問題となる事象に、忌引の特別休暇であれば、配偶者や父母・祖父母など、どこまでの者を対象とするかというものがあり、これに加え、それぞれ何日まで与えるのか、お通夜やお葬式が会社の所定休日と重なったときには休暇をどのように数えるのかといったことまで検討し、就業規則に盛り込んでおくことが望まれます。
(3)特別休暇取得時の賃金の取扱い
 年休を取得したときには、その名称の通り、有給休暇として「所定労働時間労働した場合に支払われる通常の賃金」等の賃金の支払いが会社に求められます。一方で、特別休暇を取得したときの賃金の取扱いについては、会社が自由に定めることができます。一般的に慶弔に関する特別休暇は、祝福やお悔やみの意味から有給とする会社が多いことを前提に取扱いを検討するとよいでしょう。

 近年では、「労働時間等見直しガイドライン」における「特に配慮を必要とする従業員について事業主が講ずべき措置」の例を踏まえ、病気休暇、ボランティア休暇、裁判員休暇などを設けている会社もあります。従業員が健康で充実した職業生活を送るため、個々の事情に応じた休暇制度を導入することにより、急な事情や制約が発生しても働き続けることができる環境を整備していくことが求められています。

■参考リンク
働き方・休み方改善ポータルサイト「特別な休暇制度とは」
厚生労働省「平成25年就労条件総合調査結果の概況」


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

 


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所


横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

ネコ所長のいる香喜心総合事務所|横浜市戸塚駅徒歩5分の社労士・社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、給与計算計算、処遇改善加、人事制度、障害年金は香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

お問合せ
社会福祉法人・福祉介護事業所・病院クリニック診療所の就業規則、処遇改善加は香喜心総合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所までご連絡ください。

〒244-0816
神奈川県横浜市戸塚区上倉田町445-2横浜倉田郵便局ビル102
TEL:045-881-5707

※営業電話は直接携帯にご連絡ください
対応サービスの例
<障害福祉サービス>
居宅介護(ホームヘルプ)
重度訪問介護
同行援護
行動援護
重度障害者等包括支援
短期入所(ショートステイ)
療養介護 生活介護
障害者支援施設等 (施設入所支援)
自立訓練(機能訓練・生活訓練)
就労移行支援 就労継続支援(A型=雇用型、B型)
共同生活援助(グループホーム)
移動支援 地域活動支援センター 福祉ホーム
地域移行支援 地域定着支援

<指定居宅サービス事業>
訪問介護事業
訪問入浴事業
訪問看護事業
訪問リハビリテーション事業
通所介護事業 通所リハビリテーション事業
短期入所生活介護事業
短期入所療養介護事業
居宅療養管理指導事業
特定施設入居者生活介護事業
福祉用具貸与事業

<地域域密着型サービス事業者>
夜間対応型訪問介護事業
認知症対応型通所介護事業
小規模多機能型居宅介護事業
認知症対応型共同生活介護事業
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型老人福祉施設

<居宅介護支援事業>

<介護保険施設>
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

<顧問対応エリア>
神奈川県 横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 その他神奈川県内 東京都 埼玉県 千葉県