医療経営情報
医療経営情報
文書作成日:2020/09/30


 コロナ禍での日常生活において、感染予防対策はもちろん、健康管理は非常に重要です。日々の健康を保つ目的で、健康食品を摂取している人もいらっしゃるでしょう。ここでは7月に発表された厚生労働省の調査結果(※)から、サプリメントのような健康食品の摂取状況を年代別にみていきます。




 上記調査結果から、2019年の年代別男女別の健康食品を摂取している人の割合(以下、摂取割合)をまとめると、下表のとおりです。


 男性の摂取割合は21.7%でした。年代別では60代が最も高く28.1%となりました。次いで50代が26.6%、70代が26.5%、80歳以上が26.0%と、男性では50歳以上の年代で25%を超えています。30代と40代も20%を超えていますが、50代以降の摂取割合が高い状況にあります。




 女性の摂取割合は28.3%となりました。年代別にみると、50代が37.6%で最も高く、60代が35.1%で続いています。その他、40代と70代も30%を超えています。30代と80代は30%を下回ったものの、男性の最高である60代と同等以上の割合です。女性は男性よりも幅広い年代で摂取割合が高くなっていることがわかります。




 このように、男性、女性ともに50代と60代の摂取割合が1位と2位になりました。ただし、摂取割合の男女差を年代別にみると、女性の方が50代で11.0ポイント、40代で10.1ポイント高い状況です。30代でも8.4ポイント、60代も7.0ポイント高い状況です。

 20代以降は女性の摂取割合が高いのですが、サプリメントのような健康食品は美容などの目的での利用もあることから、女性の方が高くなっているものと思われます。

(※)厚生労働省「2019年国民生活基礎調査の概況
 一定の条件のもと抽出した全国の世帯および世帯員に対する調査です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
 


クリニック・診療所・社会福祉法人・介護事業所・福祉施設の就業規則・処遇改善加算・給与計算|JR横浜駅の隣駅、戸塚駅徒歩5分 香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所


クリニック・診療所・社会福祉法人・介護事業所・福祉施設の就業規則・処遇改善加算・給与計算|JR横浜駅の隣駅、戸塚駅徒歩5分 香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所




ネコ所長のいる香喜心総合事務所|クリニック・診療所・社会福祉法人・介護事業所・福祉施設の就業規則・処遇改善加算・給与計算|JR横浜駅の隣駅、戸塚駅徒歩5分 香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所

お問合せ
クリニック・診療所・社会福祉法人・介護事業所・福祉施設の就業規則・処遇改善加算・給与計算|JR横浜駅の隣駅、戸塚駅徒歩5分 香喜心(こうきしん)綜合事務所・寺田達也社会保険労務士事務所までご連絡ください。

〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町
121-4 春芳園ビル301
TEL:045-881-5707

※営業電話は直接携帯にご連絡ください
対応サービスの例
<医療関係>
クリニック・診療所
内科・外科・整形外科・形成外科・小児科・泌尿器科・皮膚科・美容

病院
調剤薬局

<障害福祉サービス>
居宅介護(ホームヘルプ)
重度訪問介護
同行援護
行動援護
重度障害者等包括支援
短期入所(ショートステイ)
療養介護 生活介護
障害者支援施設等 (施設入所支援)
自立訓練(機能訓練・生活訓練)
就労移行支援 就労継続支援(A型=雇用型、B型)
共同生活援助(グループホーム)
移動支援 地域活動支援センター 福祉ホーム
地域移行支援 地域定着支援

<指定居宅サービス事業>
訪問介護事業
訪問入浴事業
訪問看護事業
訪問リハビリテーション事業
通所介護事業 通所リハビリテーション事業
短期入所生活介護事業
短期入所療養介護事業
居宅療養管理指導事業
特定施設入居者生活介護事業
福祉用具貸与事業

<地域域密着型サービス事業者>
夜間対応型訪問介護事業
認知症対応型通所介護事業
小規模多機能型居宅介護事業
認知症対応型共同生活介護事業
地域密着型特定施設入居者生活介護
地域密着型老人福祉施設

<居宅介護支援事業>

<介護保険施設>
介護老人福祉施設
介護老人保健施設
介護療養型医療施設

<顧問対応エリア>
神奈川県 横浜市 川崎市 相模原市 横須賀市 平塚市 鎌倉市 藤沢市 小田原市 茅ヶ崎市 逗子市 三浦市 秦野市 厚木市 大和市 伊勢原市 海老名市 座間市 南足柄市 綾瀬市 その他神奈川県内 東京都 埼玉県 千葉県